タダライズの効果と仕組みに迫る!!

2019年11月27日

シアリスからタダライズに変更する人は、「本当に同じ効果を持っているのか」と気になるでしょう。
またはじめてED治療薬もしくはシアリス系の薬を使用する人は、「どんな効果が得られるんだろう」と疑問に思うはず。

そこでタダライズを服用するとどういった効果が得られ、どういった仕組みでEDに効果的なのかを解説していきます。

タダライズは世界シェア率NO.1のシアリスと同じ効果!

世界シェア率NO.1

有名なバイアグラを抜き2013年に世界シェア率NO.1に輝いたシアリス。
その効果の持続時間が長いことで、時間を気にせず服用できると人気を博しています。

そんなシアリスと同様の効果を持っているのがタダライズ
タダライズはシアリスジェネリックの中の1つです。

ジェネリックは新薬を元に開発されるため、タダライズはシアリスを元に開発されたことになります。
そのためシアリスと同じ有効成分を使用しており、シアリスと同様の効果を得ることが可能となっているのです。

勃たない・硬くない・(勃起が)続かない」の3大症状を改善させるED治療薬。
バイアグラに比べると勃起力は劣りますが、緩やかに効果が出てくるため自然な勃起が欲しい人にオススメです。

通常時よりも勃やすくはなっていますが、あくまでも勃起の手伝いをする薬であるため、催淫効果はありません

POINT
世界シェア率NO.1「シアリス」のジェネリック
⇒同じ効果が得られる
催淫効果はない

効果が長時間続くから週末は怖いものなし!

タダライズの最大の魅力はその効果の持続時間。
1度の服用で約24~36時間、効果が得られます。
1日~1日半も効果がもつため、お泊りやロングセックスの際に必要不可欠です。

タダライズの有効成分であるタダラフィルは水に溶けにくく、徐々に吸収されるという特徴を持っています。
そのため吸収に時間がかかり効果もその間続くため、長時間いつでも勃起できるのです。

POINT
持続時間:24~36時間

タダライズはこうして効く!EDのやっつけ方

EDのやっつけ方

ED治療に効果のあるタダライズ。
どういった仕組みでEDを改善しているのでしょうか。
それにはまず、ED時の勃起の仕組みを知る必要があります。

EDの仕組み

通常は性的刺激・興奮が神経伝達でペニスへと伝わり勃起が起こります。
このとき血管を拡張する働きのあるcGMP(環状グアノシン‐リン酸)が分泌され、血管が拡張されて血流がよくなります。するとペニスにある海綿体という組織がスポンジのように血液を吸うことで勃起するのです。

しかしEDの場合は、cGMPが分泌されるのと同時に、cGMPの働きを阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)が分泌されます。
するとcGMPが血管の拡張を行えず、ペニスへと十分な血液が流れないため、海綿体が勃起に必要な血液を吸えずに勃起できないのです。

そこでタダライズを服用するとどうでしょうか。

タダライズを服用すると起こる仕組み

タダライズの有効成分であるタダラフィルにはPDE5の働きを抑制する力があります。
そのためcGMPの働きを阻害するというPDE5の働きを抑制、すると働きを阻害されなくなったcGMPが血管を拡張し、ペニスへと血液を運べるため勃起が可能となるのです。

POINT
海綿体⇒ペニスにある組織、血液を吸収することで勃起が起こる
cGMP⇒血管を拡張、血流を改善
PDE5⇒cGMPの働きを阻害
タダラフィル⇒PDE5の働きを抑制

Posted by dean


PAGE TOP